おっぱい体操のやり方と効果、バストアップ以上の効果あり!

Pocket
LINEで送る

皆さん、おっぱい体操って知ってますか?

これもまたバストマッサージのような簡単エクササイズの1つなんです。

簡単にではありますが、ここでざっとご紹介したいと思います。

おっぱい体操で おっぱい 大きくな〜れ!

おっぱい体操のやり方と効果

おっぱい体操は4段階のエクササイズ。

  1. 腕・脇腹のストレッチ

  2. 上腕・胸・背中のストレッチ

  3. 肩・背中のストレッチ

  4. おっぱいを揺らす

実はこれ、今までお伝えしてきたバストアップのためにして欲しい要素がほとんど入ってるんです。凄いですよね・・・。

1のストレッチでは、血行促進とリンパ液の流れの促進。

2のストレッチではバスト周りの筋力アップと凝りの軽減。

3のストレッチで身体全体の循環を良くして、最後にバストへの程よい刺激。

それでは簡単にストレッチの方法を順を追ってお伝えしていきましょう。

※必ず左側からやるようにしてくださいね!

1、腕・脇腹のストレッチ

肩幅に足を開いた状態でまっすぐ立ち、左腕を真横に地面と水平に伸ばします。

手のひらを上に向け4~5回程腕全体を内側と外側に捻ります。

次に、同じく腕を伸ばした状態で手のひらを下に向け、そのまま指先が天井を向くように手首を曲げて5秒間キープ。

今度は反対、手のひらが上を向いた状態で、指先が地面を向くように手首を曲げてキープ。

最後に、最初にやったように腕全体を捻りながら腕を上げていきます。

腕を天井に向けぐっと脇腹を伸ばします。

そのままひじを曲げて、ひじを右手でつかみ、ゆっくり息を吐きながら右側に上半身を曲げていきます。脇や脇腹が伸びたと感じるまで曲げてくださいね。

これを大体4~5回程行ったら、左腕を上に上げて、腕全体を捻りながらゆっくり下に下げてください。

ここまで来たら、今度は右腕を最初から行ってください。

2、上腕・胸・背中のストレッチ

両腕をばんざいの要領で上げ、左右交互に少しずつ引き上げてください。

次に、頭の後ろで、左右反対の肘をそれぞれつかみ、出来る範囲で後ろ側に倒してください。これを10回ほど、弾みをつけて行ってください。

その後、今組んでいる腕を組み替えて、前にあった腕を後ろ、後ろにあった腕を前にして同じく10回繰り返してください。

3、肩・背中のストレッチ

左肩を後ろ側へ大きく回すようにぐるぐると10回程回転させます。

肩甲骨を動かすことを意識して、後方へ大きく回してみてくださいね。

右肩も同様に行います。

次に、左右の肩同時に、同じ要領で10回ほど回します。

4、おっぱいを揺らす

左側のバストを右手でそっと持ち上げて、鎖骨の中心部辺りに向かって斜めに弾ませるように揺らします。

目安としては、1秒間に2~3回で、25~30回程繰り返してください。

次に右側のバストも同じ要領で行います。

最後に、両手で脇からバストを中央に若干寄せるように持ち上げて、上にぽんぽんと軽く揺らしてください。これも目安は上記と同じです。

これで終了です。

案外バストじゃないところのストレッチに時間をかけているものなんですが、最初にもお伝えした通り、血行促進やリンパの循環改善でしっかりとした身体を作り、ホルモンバランスも整えられる体操なんですよね。

これを一週間程続けていると、肩や首のこりが軽減されて、姿勢改善にもなります。

数ヶ月でホルモンバランスが良くなって、長期的に見て欲しいものではありますが、いつの間にやら美バストゲット!

生理が楽になったという人もいるくらいなので、やってみる価値ありですよ!

Pocket
LINEで送る