ふっくらとしたデコルテを取り戻すために上半身を鍛えろ!

Pocket
LINEで送る

「バストアップ、バストアップ!」って思っていると、どうしてもバストを大きくすることにばかり目が行きがちじゃありませんか?

でも、美しいバストを手に入れるためには、バストだけじゃなくて、ある部分もとっても大事なんです。

それは・・・デコルテライン。

デコルテ美人に!

バストの下垂とともにデコルテも痩せていく

ハイネックや首周りを隠すような服でない限り、デコルテは服を着ていても露出される場所。

角ばっていたり、やせ細っていたりするとなんだか貧弱に見えてきて、もしバストサイズがしっかりあったとしても、全然かっこよくない、小さく見えてしまう、なんてこともあるんです。

基本的に、何故デコルテが痩せていくのかと言いますと、今までお伝えしてきたバストの下垂と、実は同じです。

20代後半くらいかな……バスト上部が削れてきたかも、なんて思ったことありませんか?

主な原因は、筋肉・脂肪の不足と血行の悪さ。

以前、バストが下垂し始めるのが20代後半とお伝えしましたが、まさに同じタイミングでデコルテも痩せていってしまうんです。

ふっくらとしたデコルテを取り戻すには大胸筋エクササイズ

ん?でも……ちょっと待ってと、今思ったあなたは大正解!

デコルテのボリュームダウンとバストの下垂が繋がっているのだとしたら・・・

そうなんです!ふっくらとしたデコルテを手に入れるためには、下垂のところでお伝えしたエクササイズで改善できちゃうってことなんです!

覚えてますか?大胸筋を鍛える合掌のポーズのエクササイズ。

もっと言うと、鍛えて欲しいのは大胸筋を含む胸周り、背中、そして肩甲骨周り。

上半身ってなかなか毎日の生活で鍛えられるタイミングがないんです。

だからこそ、意識して鍛えていかないと、年齢とともに痩せていってしまうのは当然の流れですよね。

そしてこの周辺が鍛えられると、ぐっと姿勢が良くなりバストの位置も上にあがっちゃいます。

美しいふっくらとしたデコルテとバスト、どちらも欠けてはいけないものなら、やっぱりつけなきゃいけません、上半身の筋肉!

ということで、合掌のポーズで行うエクササイズは以前ご紹介しているので、今日は別のエクササイズで上半身の筋肉を鍛えてみましょう。

腕立て伏せで上半身の筋肉をつける

あ、無理。って思った方ちょっと待って(笑)

大丈夫、普通の腕立て伏せじゃなくてもOK!

腕立て伏せ、ならぬ、『膝立て腕立て伏せ』をやってみましょう。

普通の腕立て伏せはつま先と手のひらで身体を支えるものですよね。でもこれは、膝を床につけていて良いんです。

膝を床につけた状態で、肩幅よりも広めに腕を床について身体を起こします。

そこから、肘を曲げて行き、床に顎がつくくらいまでゆっくりと身体を下ろしてください。

そしてゆっくりと元に戻ります。

15回くらいを3セット程。

あまり鍛えすぎると筋肉がつきすぎて、逆にバストダウンしまう可能性があるので、1日置きくらいでゆっくりやってみてくださいね!

そして最初の方でお伝えしていました、忘れてはいけない脂肪不足と血行不良。

脂肪不足はもちろん食べ物から。

栄養バランスのいい食事の中で、大豆製品や乳製品を取り入れてみてください。

血行不足はなんといってもマッサージ。

食事で取り入れた栄養を身体に回らなければ意味がありませんよね。

バスト周りのリンパの流れも良くしておいて、ふっくらとしたデコルテとバスト両方をゲットです!

Pocket
LINEで送る