重力に負けるな!バスト(胸)を下垂させる原因となる生活習慣

Pocket
LINEで送る

バストのお悩みシリーズ第2弾は、女性なら誰しもがいつかは抱えるであろう「下垂」つまり、胸が下がっている状態のことについてお話したいと思います!

バストは20代後半から重力に負けて下がります。

20代前半までは、テキトーなブラジャーをもし付けていたとしても(良くないけどね)、バストトップの位置が気になることはそれほどなかったという人が多いんじゃないでしょうか?

中にはもうずっと気にしているという人もいるかもしれませんが、主な流れとしては、20代後半から段々とバストトップは重力に負けて下がっていってしまうんです・・・重力め・・・。

で、これを放っておくと、バストは重力に負け続けて下がっていく一方!阻止しなきゃいけません!

もちろん、元々お悩みだった人も必見、下垂させる主な原因をいくつかお話していきますので、自分の生活習慣を当てはめてみてくださいね。

もし、「これやってる!」って思ったら、今すぐに改善しちゃいましょう!今すぐ下垂を阻止するのです!

胸を下垂させる主な原因となる生活習慣

  1. ブラジャーがあってない
    出ました、記憶に新しい話題かと思います(笑)。
    ブラジャーがあっていないと、日常生活の中でバストは大きく揺れてしまいますよね。
    そして思い出してください。バストの構造で大事なのは、バストのふくらみを支えるクーパー靭帯というものでした。
    バストがよく揺れてしまったり、寝る時にノーブラだったりすると、バストを支える大事なクーパー靭帯が伸びたり切れてしまうので下垂に繋がってしまうんです。
    なので、自分にぴったりフィットしたブラジャー、そしてナイトブラでクーパー靭帯を守るようにしてくださいね。

  2. 食生活が偏っている
    無理なダイエットをしていたり、食事を偏らせていると、身体はバストの脂肪から燃やそうとしてしまってハリが失われていきます。
    しっかり3食、栄養を考えつつ摂るようにしてくださいね!

  3. 姿勢が悪い
    歩きスマホ、してませんか?
    なんて、それだけじゃないんですけど(笑)
    デスクワークでつい猫背になることが多かったり、スマホをいじるのに没頭していたりすると、姿勢は悪くなっていきます。
    そうなると、肩甲骨が硬くなって肩は凝るしバスト全体が下向きに。
    いいことなんて何もない!血液の循環が悪くなればバストアップの妨げにもなっちゃいます。
    お仕事は仕方がないとはいえ、たまにストレッチしたり姿勢に気をつけて、終わった後はマッサージをどうぞ。

  4. 無理なヒールを履いている
    足が長く見えてかっこいい高いハイヒール。
    ですが、身体が前傾姿勢になりやすいので、段々と歪んでしまうんです。身体の歪みはバストトップが左右ずれてしまい、本末転倒ですよ。

その他にも、バッグを持つ位置が左右決まっていて身体が歪んでしまったり、タバコの吸いすぎてハリや弾力を失わせていたり、原因は様々です。

この中にもし原因を見つけることができれば、バストアップへの第一歩。

産後の下垂を気にしている方も、この悪影響要素を取り払い、マッサージやフィットするブラジャー等でケアを続けてみてくださいね!

Pocket
LINEで送る