妊娠中や授乳期はマタニティーブラジャーや授乳用ブラジャーでケア

Pocket
LINEで送る

様々なブラジャーについてお伝えしてきたブラジャーシリーズも本日がラスト!

最後は、授乳用ブラジャーについてです。

既に経験済みの先輩方はご存知かと思いますが、妊娠中から授乳後は大きくバストが変わる時。

そしてその間、大変だからとケアを怠ってしまうと・・・大変なことになっちゃうんです!

妊娠中から出産後のバストケアはとっても大事

妊娠中や出産後は、女性ホルモンの分泌が増えバストが大きくなります。

ただ、この女性ホルモンの分泌は一時的なので、授乳が終われば女性ホルモンの分泌量も、バストサイズも元に戻るんです。

残念ながら、女性ホルモンの分泌が増えたぶん、伸びた皮膚はバストが大きければ大きいほど垂れやすくなっちゃうんですよね。

デコルテのハリがなくなるのも、実はこれが原因。

更に言えば、授乳中は赤ちゃんに乳首を引っ張られているので、垂れ下がる原因がここにも1つ。大変です、お母さん。

だからこそ、妊娠中から出産後のバストケアはとっても大事。

短期間だからといって、普通のブラジャーを着け続けていると、締めつけも大きくバストアップに大事な乳腺へも悪影響だし、かといって着用をやめていると垂れてしまう!

マタニティーブラジャー

そこで登場するのがマタニティーブラジャーです。

妊娠すると、最終的には約2カップボリュームアップすると言われています。

もちろんサイズアップに関しては人それぞれですが、このバストを支えるためには専用のブラジャーでないと形が合いません。

乳腺の発達を妨げるだけでなく、おっぱいの出が悪くなることもあるんです・・・!

だからこそ、マタニティーブラジャーは乳腺を圧迫しない深めのカップで作られています。

また、マタニティーブラジャーには以下のような特徴もあります。

  • 伸縮性に優れていて、変化するバストにしっかり対応
  • パッドの付け外しやストラップなどでサイズ調整もOK
  • つわりが辛いときのために締め付けがほとんどない
  • 吸水性の高い素材で汗がたまりにくい

普通のブラジャーとは全く違うものなんですよね。

授乳用ブラジャー

そして、マタニティーブラジャーの中でも、授乳用機能のついたブラジャーは更に一工夫されているので、授乳の際にブラジャーを一気にずらしたり外したりする必要がありません。

簡単に種類をあげてみましょう。

  1. クロスオープン
    左右のカップの中心部にホック等がなく、単純にクロスしただけのタイプなので、片方だけのカップをずらすことができます。

  2. ストラップオープン
    肩からのストラップ部分が簡単に取り外せるので、片方のカップだけを開くことができます。

  3. フロントオープン
    左右のカップの真ん中部分を簡単に開くことができます。

  4. ウインドウオープン
    カップが二重構造になっていて、窓枠のように乳首周辺をを開くことができます。ブラジャーを外す必要がないので、バストを固定したまま安定して授乳することができます。

簡単に説明するとこんな感じ。

授乳用ブラジャーを買う時期

妊娠してから授乳が始まる頃まで、バストは次第に大きくなっていくので、何段階かでマタニティーブラジャーを買い換える必要がありますよね。

結構大変ですが、これもバストアップのためと思って、どうか頑張って欲しいところ!

ちなみに今ご紹介した授乳用ブラジャーは、だいたい妊娠後期(8~10ヶ月)辺りから購入されることをオススメします。

なぜなら、ここが最初の方にお伝えした約2カップくらいアップする時期なんです。

出産後すぐに授乳指導が始まるところもありますので、早めに準備しておくことも大事なようですよ。

残念ながらここは私も未経験・・・実体験を交えてお伝えできないのが心苦しいところですが、いつか訪れる日が来ると信じて(笑)知識として持っておくのはとっても大事!

「赤ちゃんが元気で育ってくれれば、バストの形なんて・・・涙を飲んで諦めるわ」なんて言わないで、しっかり自分のバストも可愛がってあげましょうね!

Pocket
LINEで送る