生理前に症状が出るPMS(月経前症候群)。PMSかどうか見分けるポイント

Pocket
LINEで送る

女性は生理前になると約8割の人がなんらか不快な症状を感じているんです!(ここのところ、男性の皆さんに強くお伝えしたい・・・!)

不快な症状とはこれらのこと。

  • 下腹部が張る
  • 乳房が痛い・張る
  • ニキビができやすい
  • イライラ、怒りやすい
  • 憂うつ

まだまだ、あるんです!

だるい、頭がぼーっとする、下腹痛、腰痛、肩こり、めまい、肌荒れ、化粧のノリが悪い、手足の冷え、むくみ、下痢や便秘、眠くなる、おりものが増える、食欲が増す・なくなる、気分の変化、能率が悪くなる、性欲の低下、いつも通り仕事ができない、人付き合いが悪くなる・・・など、ほとんどの女性は初潮を迎えてから毎月こんな症状に悩まされているのです!

PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)とは

これらの症状は「PMS」とも言われる月経前症候群と言われています。(月経前症候群とは、生理の約2週間前から起こる心身のトラブルの総称)

もう少し詳しくお話すると、ホルモンのアンバランスさにともなって普段の生活に差し障るさまざまな症状が一群となって現れることなんです。

いつも通り、月経が始まると症状が治まるのがPMSの特徴とも言えます。

PMS(月経前症候群)になる女性が急増

最近、PMSはネットでも調べられたり、女性誌で詳しく説明がされたりと知られるようになりましたが、一昔前までは婦人科の教科書にすら載っていなかったとか。

だから、昔も上に記したような症状を感じていた人がいたはずなんだけど・・・当時はPMSという病気の概念がなかったことから病院で相談しても「PMS(月経前症候群)」とは診断されることがなかったと考えられます・・・。

話は変わって、現在はというと。

晩婚化、少子化に加え、働きに行く人が増えたことで、ハードワーク、ストレスのせいでPMSになる女性が急増しているそうです!

そういった意味ではPMSは現代病とも言えるかもしれません。

PMSかどうか見分けるポイント

それでは、PMSかどうか見分けるポイントをご紹介しましょう。

  1. 症状の起こる時期が排卵の後から月経までの間ですか?

  2. 同じ症状が周期的に起こっていますか?

  3. 日常生活に影響を及ぼすくらい症状が重いですか?

日常生活に影響を及ぼすレベルだとPMSと診断されるようですね。

PMSの特徴は月経が始まった途端に治ってしまうものなので、基礎体温やその時の症状を記録しておくことでPMSかどうか見分けやすくなります!

PMSの症状は自分でも周りからも理解しにくいため、自分で自分を責めてしまう方も少なくありません。

日常生活に支障が出ているようであれば、早めに婦人科で相談し、我慢はしないでくださいね。月経のリズムと上手に付き合っていく方法を探していきましょう!

Pocket
LINEで送る


世界を旅 世界を旅したい人のための世界の街ガイド

低金利な銀行カードローン