私のバスト(胸)が小さいのは遺伝だから諦めるしかないの?

Pocket
LINEで送る

皆さんは自分のバストに何かお悩みがあってバストアップ、バストケアに励んでいる、またはこれから始めようと思ってこのサイトを読んでいるんだと思います。

何か嫌なことを言われたとか、周りと違う部分にショックを受けたとか、ナイーブなところだからこそ、知ってしまったり気になってしまったらもうちょっとしたコンプレックスになりやすい部分なんですよね。。

悲しいかな、個性だなんて割り切れない!

ということで、ここまでは様々なバストアップ方法やバストの構造についてお話してきましたが、本日からはお悩みごとにお話してみようかなと思います。

なので、今までお話したものと被っちゃったりもするのですが、視点を変えて見てみるという意味で、お付き合いくださいね(^_^)

私の胸が小さいのは遺伝なの?

さて、今日取り上げるお悩みは、やっぱり一番多いんじゃないかな・・・胸が小さくて悩んでいるパターンです。

よく「遺伝だから仕方ないんだよね、、、」なんて言ってる子いませんか?

でも、よーく考えてみて。

お母さんはビックサイズなのに、娘はミニマム(笑)。または逆パターン、見たことありませんか?

実際に、遺伝が絶対にないわけではないんですが、それだけじゃないっていうのを、とある理由で覆すことってできちゃうんです。

では何故、遺伝遺伝と言われるのか?

それって、確かに母親のサイズを娘が受け継ぐパターンがかなりの数であったからなんですよね。

「じゃあやっぱり遺伝なんでしょ?」って諦めてしまうのはまだ早い!

生活習慣が悪いと胸は発達しない

今までバストアップに欠かせないことを沢山勉強してきましたよね。

冷え、食べ物、睡眠などなど・・・それって毎日の生活に密接に関わってきてるものばかり。

朝起きる時間、夜寝る時間、食事で口にするもの、その他諸々の生活習慣は、家族なんだから同じだったりサイクルが近かったりするのも当たり前。

それで、バストアップにマイナスな生活習慣だった場合は、当然母親も娘も同じようなサイズになる。

この原理、皆さんならもう理解できますよね。

バストアップを気にかけている皆さんなら有名な話かもしれませんが、「都道府県みんなのバストサイズ」っていう調査が行われて公開されたのは知っていますか?

驚くべきことに、この調査で分かったのは、全国で埼玉県が一番バストサイズの低い県だったっていうことなんです。

実はハッキリとした理由は分かっていないそうなんですが、別の調査では、埼玉県の女子高生は日本一睡眠が短いとも言われているんです。

睡眠とホルモンの関係についてはもう何度もお話してきましたよね。

ちょっとした推測ではありますが、「やっぱりバストサイズは遺伝・・・仕方がない!」なんて割り切っていいものではないんです。

だから、諦めないで、これから生活習慣を変えていけばいいだけの話。

遺伝でないなら、バストが小さい理由がどこにあるのか。それをまずは探ることから始めましょう!

Pocket
LINEで送る