50代からできるバストアップ・バストケア、下垂やしぼみ対策

Pocket
LINEで送る

若かった頃はバストがぷるんっとしたハリが自慢だったのに、子育てや年齢とともにバストが下がってきたり、しぼんでしまったりと誰にでも起こりうるバストの変化。

お腹周りにはお肉がついているのに、なんでデコルテだけは肉がつかないのだろう・・・というお悩みの方も少なくありません。

特に50代になると、バストアップというよりはバストの下垂やしぼんでしまったことの方が気になるようですね。

年を重ねるごとに体型が崩れてしまうのは仕方のないこと。

50代からできるバストアップ バストケア

50代からできるバストアップ・バストケア

女性ホルモンに大きく関わっているバストの大きさやハリは、何もしなければ女性ホルモンの分泌がピークになる20代と比べて衰えてしまうのです。

また、50代、60代の女性にとって大きな変化といえば、閉経です。

もし閉経前でしたら、女性ホルモンの分泌を促すことができます。

毎日の食生活を見直したり、バストマッサージを行うことでバストアップは難しくてもハリを取り戻すことができた、というお声を聞きます!

また、バストのハリ以外にもお肌のツヤがアップする方が多く、化粧のノリがよくなったというお声も!

そこで、50代のバストアップに大切なポイントはこちらの3つ!

1.食事

食事についてはどの年代においても大切なのですが、特に50代前後は栄養のバランスはもちろんのこと、良質なたんぱく質を意識して毎日摂取することをオススメします。

主に豆腐や豆乳、味噌などの大豆製品ですね。毎日の食事から栄養を補うことが大切です。

2.運動

バストの位置をキープするために必要なことは大胸筋を鍛えておくことです。

大胸筋は日常生活の中で鍛えられるものではありませんので、意識して鍛えていきましょう。(ハードな筋トレでなくてOK!)

そして、もうひとつ、美乳のカギとして意識しておきたい箇所は、肩甲骨です。

背筋をピンッと伸ばすだけで自然とバストトップも上がります。

猫背になりがちな方も前かがみな姿勢にならないように心掛けるだけでも違ってきます。

3.継続

20代・30代の頃は違い、50代になると代謝機能やホルモンの量が下がっているため、目に見えるまでに時間がかかる方が多いようです。

しかし、途中で諦めないことが1番の大切なこと。

そもそも、バストアップは現状のバストの状態や生活リズム、睡眠、姿勢、出産経験の有無、運動能力・・・など、個人差があります。

ただ唯一できることとすれば、根気良く続けることなんです。

もう50代だから・・・と諦めてしまった方も遅くはありません!

毎日少しずつの時間でかまいません。

今日のケアが明日、そして未来のバストの美しさに繋がります。諦めずに頑張りましょうね!

Pocket
LINEで送る