アナタはどのタイプ?6つのバストの形〜皿型・半球型・三角型・円錐型・釣鐘型・下垂型

Pocket
LINEで送る

大きさもさることながら、バストの形も女性にとっては重要なポイントですよね!

細かく見るとバストの形は人それぞれです。

とはいえ、大まかに分けると理想の形から悪い形まで、6~8つのタイプに分けられることをご存知でしょうか?

本日は、その形の種類について、代表的な6つをご紹介していきたいと思います!

日頃から形をよく確認されている方はすぐにどのタイプか分かるかと思いますが、分からない方はこの機会に、鏡で是非チェックしてみてくださいね(^_^)

6つのバストの形

1. 皿型

バストのトップとアンダーの高低差があまりなく、名前の通りお皿を伏せたような形。

膨らみが少ないところから、俗に『ペチャパイ』と呼ばれているタイプです。

2. 半球型

別名おわん型と言われています。

こちらもその名前の通り、おわんを伏せたような形のことで、ふっくらと盛り上がっていてボリュームがあり、バストの膨らみ具合も均等な、円を半分に割ったような形です。

一般的に理想的な美しい形とされています。

3. 三角型

横から見たときに、三角形に見える形です。

胸に厚みがなく未発達な印象で、デコルテからバストトップまでが反り返っているのが特徴です。

また、バストが垂れるとこのタイプになる場合があります。

4. 円錐型

バストの底辺より高さの方が長く、尖った円錐の形をしているのが特徴です。

「ロケットおっぱい」や別名「ピラミッド型」と呼ばれています。

外国人女性に多い形で、こちらもセクシーで均整の取れた理想の形とされています。

5. 釣鐘型

別名「しずく型」とも呼ばれ、釣鐘(つりがね)のような形をしています。

バストトップとアンダーの高低差が大きく量感があるので、授乳や加齢でハリがなくなるとさらに垂れ下がりやすいのが特徴です。

また、円錐型や半球型の人が、将来的になりやすい形でもあります。

6. 下垂型

別名、「垂れ型バスト」と呼ばれ、その名の通りバスト全体が垂れ下がり、ボリュームや高さよりも長さが目立ってしまっている形です。

さらに垂れてしまうと、ヤギの乳に似ているというところから、「ヤギ型」とも呼ばれています。

以上が大まかに分けたバストの形です!当てはまるものはありましたでしょうか?

好みは人それぞれですが、一般的に理想とされているのは2番の「半球型」です。

ちなみに、男性が好む形は「円錐型」や「釣鐘型」とも言われています。

理由は、やはりボリュームがあるところなのですが、それは裏を返せば重さで垂れやすいというデメリットもあるんです。

せっかくバストアップをするなら、理想の形を目指して頑張っていきましょう!

既に理想の形に当てはまったという方も、加齢や授乳などで崩れてしまいますので、しっかりバストアップを意識して保っていってくださいね(*^_^*)

Pocket
LINEで送る